社員インタビュー

Interview

地域密着型の調剤薬局ということで、幅広い経験と自分自身が成長できる環境があります。

2014年に静岡メディスンに入社以来、中田店・中田みなみ店・長田店と3つの店舗を経験しました。店舗によって来局される患者さまの年齢層や取り扱う薬が異なるため、学べることも多く毎日が勉強になっています!

薬剤師

鶴田 修

中田店勤務

入社から現在までの経歴

  • 2014年入社
  • 出身校静岡県立大学薬学部
社員インタビュー1
社員インタビュー2

成長できる場と感じたため

ー入社した理由

市内に6店舗を構える、地域密着型の調剤薬局ということで、幅広い経験をし、成長することができると考え、この会社を選びました。

社員インタビュー3

整形外科の門前薬局で調剤業務

ー今の仕事について

患者さんはお年寄りが多く、腰痛などで長期に通院されている方も少なくありませんが、明るく、前向きで逆にこちらが元気づけられることもあります。店舗には検体測定室もあり、血糖(HbA1c)や脂質の測定をしています。血糖値は気になるけれど、病院に行くのは抵抗があるという方も気軽に測定ができます。疾患を早期に発見し病院への橋渡しができるという点で、これからの薬局の大切な役割の一つになると考えています。

社員インタビュー4

コミュニケーションの大切さを学びました

ー仕事をする上での注意点

薬剤師として働くにあたってコミュニケーション能力を養うことが大切であると感じました。きちんと調剤された薬も患者さまに正しく使って頂けなければ意味がありません。患者さまをよく見て対応することが大切になってきます。また、スタッフ間でコミュニケーションがとれることも重要です。静岡メディスンでは、普段からスタッフ同士気軽に話せる関係にあり、また各店舗で定期的にミーティングを行うことで業務改善に努めています。

一緒に働きたい仲間

ー直近の目標

在宅医療の推進が叫ばれる中で薬剤師も、より患者さんに近い所で仕事をする機会も増え、多職種の方々と連携する場面も増えていくと思います。将来的にチーム医療の一員として信頼され、患者様に寄り添ったサービスを提供できるよう研鑽を積んでいきたいと思います。